頭皮のフケが増えるのはストレス?それともアレルギー?

頭皮のフケの原因は多岐にわたります。

分類として、乾性・脂性・他の疾患があります。

乾性の場合には、頭皮のアレ・乾燥が原因です。接触性皮膚炎・季節による頭皮の乾燥等を防いだりして、対策する必要があります。

脂性の場合には、「マラセチア菌」の過剰な増加や・脂性肌が関係してきます。適切なシャンプーや抗真菌治療薬により対策する必要があります。

他の疾患の場合には、アトピー性皮膚炎・乾癬等があります。原因は疾患によって多岐に渡ります。疾患の症状により、専門医の診断の下治療してください。他の疾患が原因で頭皮が脱落・剥離するので「フケの一種」に分類できます。

乾性の場合にはアレルギー、脂性の場合には、免疫力の低下が各々関係していると言われています。

ご存じのとおり、アレルギーや免疫力の低下は「ストレス」に大きく関係しているとされます。薬による治療も大切ですが、「ストレス」をうまくコントロールしないと、「フケ」問題は原則改善しません。

フケとは狭義の意味では、先の説明した脂性の場合のみ(脂漏性皮膚炎含む)を言います。死んだ角質の脱落の場合には、一次刺激性接触皮膚炎・アレルギー性皮膚炎・乾燥等が原因です。

乾性の場合には、シャンプーによる一次刺激性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎・皮脂の取りすぎ・季節の乾燥・年齢による「エストロゲン」の低下等が理由です。

脂性の場合には、皮脂量(成分)の増加・マラセチア菌の増加・自己免疫力の低下等が原因です。脂性の場合、皮脂量の増加・マラセチア菌の増加・自己免疫力の低下どれか一つでも欠けるのであれば、問題となることはないと言われています。

治療においては、乾性か脂性かによって、さらにいうと、狭義の原因によってさまざまです。程度が重い場合には特に医師の診察が必要です。素人には、乾性によるものなのか脂漏によるものなのか判断がかなり難しいです。先の説明した通り、原因は全く違うので、誤ったケアをした場合には、症状は原則悪化していきます。程度が浅くても、長期間において症状が出る場合には、自己で解決出来ていないので、専門医の診察が必要です。

適切な頭の洗い方が出来ていない(例えば熱すぎるお湯や爪を立てて洗う等)にも注意が必要です。先に説明した通り、乾性の場合にはアレルギーが関係しているのでアレルギーの対応、脂性の場合には免疫力低下(不眠・ストレス)が主な原因の一つとされています。どちらもストレスにより、症状は悪化すると言われています。また、乾性と脂性の混合肌の場合もあるので注意が必要です。

フケが原則サラサラなら乾燥タイプ、油っぽいなら脂性で簡易判断できます(素人には判断が難しい)。