くさい!くさすぎる!30代の女性の頭皮が臭い原因と対策

頭皮の匂いの原因は主に「加齢臭」です。

近年加齢臭は男性特有の問題ではなく、女性にも問題視されてきています。近年においては、「30代女性」においても頭皮の加齢臭においての匂い問題が問題視されてきています。

加齢臭とは別名「ノネナール臭」と言われています。「チーズを腐らせたような」匂いです。

女性においては、10-20代においては、女性ホルモンの分泌が盛んです。この女性ホルモンの作用として「皮脂腺」の動きが抑制されるので、加齢臭の問題は原則起きません。しかし、30代以降になると、女性ホルモンの減少が始まり、皮脂腺の動きが活発化してしまい、加齢臭問題が発生します。

旧来までは、女性ホルモンの減少問題は、主に40代以降に起きていました。しかし、近年においては女性の社会進出・経済問題・食べ物の欧米化・環境の変化・ストレス問題等により、女性ホルモンの減少が30代の女性にも問題となる事が問題視されてきています。

対策として、女性ホルモン分泌の維持・皮脂成分の抑制が必要です。

具体的には、「ストレスコントロール」「食への配慮」です。ストレスコントロールについては、色々な方法や適性があるので一概には言えません。自分に適したストレスコントロール方法を探すことです。注意しないといけないのが、ストレスをなくすのではなく「コントロール」することです。ストレスは誤解を恐れずに言えばまず無くせません。完全になくそうとすると、かえってストレスはより巨大でコントロール不能なものになります。あくまで、「コントロール」するのです。場合によっては、精神科に行ってみることも大切です。現在精神科(メンタルクリニック)は一般的なものになっています。ストレスは万病の元とも言われています。

この問題においての、「食への配慮」においては、肉類を控え、新鮮な野菜や豆類を多くとるように心がけて日々の食事をとります。適切な各種ビタミン・ミネラルの摂取も必要です。抗酸化作用があるポリフェノール・食物繊維の適切な摂取も必要です。過剰な摂取は問題です、「適切」な摂取が必要です。

治療においては、「ホルモン治療」という医療行為を医師の診断の下、するという方法も治療の一種です。ここで心にとどめておかないといけないことが、加齢臭予防目的でホルモン治療すると、「乳がんの発生確率」が高くなる恐れがあると言われている事です。

頭皮の臭いについての対策はまず、「ストレスコントロール」し、「食への先に説明した配慮」が必要です。また、皮脂それに伴う雑菌の過剰繁殖が問題なので、日々の適切なシャンプーが対策として有効です。