頭皮のかゆみと抜け毛の因果関係について

肌が乾燥したりして荒れた状態になっているとかゆみが起こることがあります。それは頭皮についてもいえることで、かゆみが続くようであれば何らかの問題が起きている可能性があります。
この問題が続くと抜け毛が起こったり、毛根がつまってしまって髪の毛が細くなってしまったり、新しい髪の毛が生えづらくなってしまうなど薄毛の原因になってしまうことがあります。
頭皮が荒れてしまう原因もいろいろあるのですが、まず汚れなどがしっかりと落とせていないことが考えられます。これば別に不潔だといっているわけではなく、例えばシャンプーやコンディショナーがしっかりと洗い流せていなくて髪の毛に残ったままでいると毛穴をふさいでしまったり、カビや菌などが繁殖してしまうことが考えられるのです。またお風呂上がりに髪の毛を完全に乾かさないで寝てしまうとやはりほこりがついてしまったり、カビや菌が増えてしまうことがあります。
そうなると頭皮の環境は悪くなってしまうので抜け毛がひどくなり、かゆみなどが発生することが増える可能性があるのです。ひどくなると炎症や湿疹、かぶれやフケといった症状も出てくることがあります。
ここまで荒れてしまうと、毛根や頭皮そのものにダメージを受けている可能性があり、さらに抜け毛など薄毛の原因になってしまいます。
またかゆみがひどい場合には、無意識のうちに掻いてしまったりします。何度も掻いていると爪でキズをつけてしまうことも考えられます。特に頭皮というのはデリケートな場所で皮も薄いのでちょっとした力でもキズがついてしまいます。
そうなるとその傷がまた炎症を起こしてしまい、さらにかゆみがひどくってしまうといったことも考えられるので、そうなる前に早めに病院で血用を受けたほうがいいでしょう。
ただ単に肌荒れが起こっているだけなら薄毛につながる可能性は少ないといえます。しかしその肌荒れがひどくなり炎症などを起こしてしまうと、毛根などにもダメージを与えてしまうことになるので髪の毛が抜けやすくなってしまう可能性はあります。
かゆくなったり肌荒れをしてしまう原因は、前述した以外にも例えば体調不良であったり、頭の洗い過ぎで必要な皮質がなくなってしまったなどいろいろと考えられます。
異常を感じた時には抜け毛がひどくならないように、すぐにケアをすることが大切です。
シャンプーはしなさ過ぎてもし過ぎてもよくありません。また肌に合わないという可能性もあるので気をつけましょう。