10月になると猛烈に頭皮のかゆみがひどい!対応しないとどうなるの?対策と対応について

10月になると頭皮にかゆみを感じるという方は非常に多いのですが、この理由として夏場のダメージがあります。
頭皮のダメージはワンテンポ置いてから生じるもので、夏場に受けたダメージが秋になって出てくることは多いのです。
日本の夏は高温多湿であり、汗や皮脂が大量に発生しやすいのです。
頭皮環境が乱れると抜け毛が増えますし、外出するときに帽子をかぶらないと紫外線のダメージを受けます。
紫外線によって水分が失われて、かゆみを引き起こすことは非常に多いのです。
10月になって頭皮のかゆみに悩んでいる方は、すぐに対策をして軽減させましょう。
対策のポイントとなるのは、低刺激シャンプーでの洗髪、コンディショナーでの保湿、早寝早起きの3点です。

アミノ酸シャンプーや育毛用シャンプーは刺激性が弱く、適度な洗浄力を有しています。
水分と油分を適量残すことによって、傷みを修復することができます。
市販のシャンプーは洗浄力が強く、それに比例して刺激も強いので注意して使用しましょう。
使用してヒリヒリするようなら、炎症を招く可能性があるので控えたほうがいいでしょう。

コンディショナーは保湿作用がシャンプーよりも高いので、併用して潤いを与えてください。
プルプルの状態はダメージに強く、かゆみ・炎症などを抑制してくれます。
かゆみが長期的に継続すると、大量の抜け毛につながる可能性があるので注意してください。
抜け毛が多くなったと感じたら、ヘアケア用品を変えてみるのも手でしょう。
一番よいのはヘッドスパや育毛サロンで、自分に合った商品を勧めてもらうことです。
合わないものを使用していると抜け毛を増やすので、毎日の洗髪で抜け毛量をチェックしながら、異常があったらプロに相談するのがよいです。
10月にケアをしっかりと行っておけば、冬場の抜け毛も安定することでしょう。
冬は意外と乾燥しやすい季節なので、10月から保湿ケアは徹底しておく必要があります。
保湿した部分はダメージに強く、少々のことでは肌トラブルは起こりません。

早寝早起きに関しては、頭皮バランスを整えるために必要なものです。
睡眠リズムがよければ体の機能が正常に働き、毛母細胞も活発に分裂するようになります。
異常を放置しておくと薄毛につながるため、1日も早い対策が必要です。
抜け毛を増やさないためには、多めに睡眠をとる必要があります。
育毛サロンでは9時間の睡眠を勧めているところもあります。
抜け毛に悩んでいる方は寝不足の傾向があり、疲労やストレスを溜め込んでいるのです。
これを解消していくためにも、多めの睡眠が必要というわけです。